• 印刷する

1~5月のストライキ、91件で前年から増加

ベトナムの労働総連合によると、今年1~5月に国内で起きたストライキは91件と、前年同期の66件より多いことがわかった。新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、工場が生産を停止・縮小していることが増加の要因とみられる。25日にベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。

2019年通年のストライキの件数は、121件と前年からは半減していた。国内では工場の閉鎖や、生産の一時停止・縮小に踏み切る企業が増えており、今年1~4月末までに5,681社がこれらの措置を実施した。特に輸出が多い繊維・アパレルや、履物といった業界でこの傾向が顕著という。

国内の労働者46万1,000人が影響を受けているとされ、これに伴い、従業員にとっては待遇や福利厚生の変化に対する不安が高まっている。年末の賞与のカットや、給与支給の遅延、社員食堂の質の低下といった点に関する不満が、ストライキにつながるケースが多い。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナムからの入国規制強化、感染拡大で(13:26)

サムスン協力会社で集団感染、工場稼働中断(05/14)

市中感染73人増、ダナン市累計100人超に(05/14)

16日に168万回分のワクチン到着、英社製(05/14)

森永乳業、ベトナムの同業エロヴィ買収(05/14)

建設大手の1Q決算低迷、建材価格高騰で(05/14)

信頼性の高い不動産開発、ビンホームズが1位(05/14)

リアルベスト、不動産仲介で大手ジムと提携(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン