• 印刷する

建築見本市「ベトビルド」、HCM市で開幕

ベトビルドには、世界各国から400社以上が参加し、建築資材や室内装飾品などを出品した=24日、ホーチミン市

ベトビルドには、世界各国から400社以上が参加し、建築資材や室内装飾品などを出品した=24日、ホーチミン市

ベトナム最大の国際建築見本市「ベトビルド(Vietbuild)」が24日、ホーチミン市で開幕した。地場企業をはじめ、日本や中国、欧米などから400社以上が参加。各企業は1,800のブースを設け、建設資材やドア部品、インテリア製品などを紹介した。

粘着素材大手のリンテック(東京都板橋区)は、窓ガラスに貼る断熱フィルムや視界制御(ビジョンコントロール)フィルムなどを出品。ビジョンコントロールフィルムは、見る角度によって透明に見えたり、すりガラス状に見えたりする特殊機能を持つ。機密性が高い情報を扱う建物で利用すれば、プライバシー保護に役立つ。同社の担当者は「ベトナムはアジアの中で注目度が高い市場で、今後は自動車向け・建物向けのウインドーフィルムの需要拡大が期待できる」と述べた。

タカラスタンダード(大阪市)は現地の販売店ニッポン・インテリアとともに出展し、同社独自のホーロー製システムキッチンなどを紹介した。スタッフが実際にライターであぶるなどして耐熱性や耐久性をアピールした。

吉野石膏(東京都千代田区)は、石こうボードを出品。シックハウス症候群を引き起こす有害物質ホルムアルデヒドを吸収・分解する「吉野ハイクリーンボード」などを紹介した。同社は2017年に現地法人「Yoshino Gypsum Vietnam」を設立。現在は、南部バリアブンタウ省で工場の建設を進めており、21年に完成する予定だ。

ベトビルドは、28日まで開催される。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、481人に(17:50)

【コロナを超えて】イオンモール、DX推進へ 回復目前に2波、年内新店は維持(08/12)

コロナ適応でデジタル化進展 東南アで若者のオンライン利用増(08/12)

感染16人増の863人、ダナンで社会隔離延長(08/12)

7月の自動車販売、13%減の2万4000台(08/12)

トヨタ、7月の販売28%減の5307台(08/12)

ホンダ、7月の二輪販売6%減の19.6万台(08/12)

物流不動産LOGOS、越に4億ドル投資(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン