• 印刷する

イオン、ベトナム産の生ライチを販売

イオンが、ベトナム産の生ライチの販売を開始した。「イオンスタイル幕張新都心」で20日、いち早く店頭に並んだ(同社提供)

イオンが、ベトナム産の生ライチの販売を開始した。「イオンスタイル幕張新都心」で20日、いち早く店頭に並んだ(同社提供)

イオンは、ベトナム産ライチの生果実を初輸入し、販売を開始した。国内小売りでは、初めて店頭に生ライチが並んだ。初回の輸入量1.2トンを含め年内に5トンを輸入・販売する計画だ。

ベトナム産の生ライチは、2019年12月に輸入が解禁された。現地の収穫時期に合わせて、5月の輸入・販売を目指したが、新型コロナウイルスの影響で遅れていた。

輸入に際しては日本から今月3日に検疫官がベトナム入りし、コロナ対策の14日間の隔離措置を受けた後に、最終の現地検査が実施された。イオンによれば、20日着の便で成田に空輸され、同日中に一部店頭で発売した。

ライチ生果実の出荷時期は5月末から6月末ごろまで。来年以降は、販売量を増やす予定という。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

韓国の「脱石炭火力」に波紋 新規発電所、資金計画に狂いも(05/13)

再生可能エネ、出力抑制は継続方針=EVN(05/13)

市中感染82人増、日韓含むメーカーも(05/13)

韓国大使館など、隔離期間の短縮を要請(05/13)

緊急事案除く全審理を月内停止、裁判所(05/13)

4月新車販売、前年同月比2.6倍の3万台(05/13)

トヨタの4月販売5598台、前年同月から倍増(05/13)

ビンファストの販売台数、4月は2717台(05/13)

ベトナムとシンガポール、中低リスクに(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン