• 印刷する

IBM、在宅勤務普及でオフィス面積半減へ

米IBMは、インド国内に構えるオフィスの面積を半減させることを検討している。新型コロナウイルス感染症の流行を機に在宅勤務の普及が進み、出社する社員が減っているため、オフィスの賃貸契約を見直すという。関係者の話として、エコノミック・タイムズ(電子版)が19日伝えた。

IBMは、インド南部ベンガルール(バンガロール)、ハイデラバード、北部ノイダ、グルガオン、東部コルカタで、面積が計100万平方フィート(約9万3,000平方メートル)以上のオフィスを構える。10万人余りの社員と派遣社員を抱えるが、このうち定期的に出社する必要があるのは全体の25%程度とされる。

IBMは、この件について公式なコメントを控えているが、同社の関係者はエコノミック・タイムズに対し、賃貸契約の見直しを進める方針だと明らかにした。

ここ数年のIBMのインド事業は減速傾向にある。2018/19年度(18年4月~19年3月)の売上高は前年度比2%減の2,727億9,000万ルピー(約3,820億円)、純利益は12%減の242億6,000万ルピーだった。


関連国・地域: インド
関連業種: 建設・不動産IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

日用品需要、農村部で回復 コロナ影響少ない地域ほど上向き(08/07)

マルチスズキ、昨年度に整備拠点250カ所追加(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

車の購買意欲はコロナ前と同水準=グーグル(08/07)

配車ウーバー、エンジニア140人の雇用計画(08/07)

香港企業、南部の物流用地33億ルピーで取得(08/07)

政策金利4.0%に据え置き、3会合ぶり(08/07)

自動車5社コロナで赤字、トヨタ・スズキは黒字(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン