• 印刷する

首都圏LRT、開通は22年年央に延期か

首都圏LRTの開通は22年年央に延期となる見通し(NNA撮影)

首都圏LRTの開通は22年年央に延期となる見通し(NNA撮影)

インドネシアのジャカルタ首都圏で建設が進む軽量軌道交通(LRT)の開通が2022年6月にずれ込む見通しだ。新型コロナウイルスの感染拡大が影響したほか、車両基地の土地取得が難航したことが工事の遅延につながった。2月時点では21年の開通を目指していた。ニュースサイト『デティックコム』などがこのほど伝えた。

首都圏LRTを建設する国営建設、アディ・カルヤのプンジュン・ブラタ第2オペレーション部長によると、信号システムを含めて工事が完了するのは22年3月になる見通し。その後、3カ月間の試験運転を経て6月に開通する予定。

工事の進捗(しんちょく)率は、5月下旬時点で71%。東ジャカルタ・チャワンを起点として、南に延びる西ジャワ州チブブール間が86%、西に延びるドゥクアタス間が66%、東方に延びる東ブカシ間が65%だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

デジタル課税、徴収対象に10社追加(08/07)

統一データポータル構想、標準化など課題(08/07)

首都の企業31社を一時閉鎖 PSBB移行期、従業員感染など(08/07)

財務相、法人予納税の減額率を50%に拡大へ(08/07)

国内でビザ失効、今月20日までの出国義務化(08/07)

イオンBSD店が臨時休業、社員2人が陽性(08/07)

配車ゴジェック、新アプリのサービス開始(08/07)

トヨタがカローラSUV発売、HVタイプも(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン