• 印刷する

東南アジアからの訪日客、5月はほぼ消滅

2020年5月に東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国から日本を訪れた旅行者はほぼ消滅した。日本政府観光局(JNTO)が17日に発表した統計では、6カ国全てで10人未満となった。新型コロナウイルス感染症の影響で、国別の訪日者数の記録がある1975年以来、過去最低となっている。

各国政府による外出・出国規制が訪日旅行者を激減させた。3月28日以降、6カ国全ての国が日本における検疫強化、査証の無効化の対象になったことなども響いた。

各国とも日本との直行便は減便・運休を続けており、訪日者が回復する見通しは立っていない。


関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出を自粛する生活が続…(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

米フィンテック企業、ア太平洋拠点設置へ(08/05)

賃金ガイドライン、コロナ禍で見直し検討(08/05)

ヤンゴンの食品工業団地開発、投資委が認可(08/05)

製造業PMI、6カ月ぶりに50超え(08/05)

6月の外国人入国者2千人、前月からは回復(08/05)

米インテグリス、積層造形の研究所設立へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン