• 印刷する

事業複雑性ランク、インドネシアが最低評価

ビジネス環境が世界で最も複雑なのはインドネシアだ――。オランダの会計・総務アウトソーシング大手TMFグループが17日発表した2020年版「世界ビジネス複雑性ランキング」で、このような結果が明らかになった。東南アジアで最もビジネスがしやすいのはシンガポールだった。

TMFは世界77カ国・地域を対象に、「規制・法律・罰金」「会計・税務」「雇用・解雇・給与」の3項目を基に順位付けした。順位が高いほどビジネス環境が未整備であることを示す。

インドネシアは世界ランキングで1位となり、最もビジネス環境が未整備な国と評価された。

TMFシンガポール法人のエドムンド・リー・マネジングディレクターは16日、メディア向けの説明会で、インドネシアが低評価である理由について、「同国の労働法は、労働者にとって非常に有利。加えてビジネスに関する3万件以上の法規制が互いに重複しているため」と説明した。

アジア地域で2番目に評価が低かったのは中国。省レベルの自治体から国の政府まで、複数の行政組織が層になっていることなどが複雑性を高めているという。

同域内で最も評価が高かったのは香港だった。シンガポールは東南アジアで首位。政府がさまざまな面で電子化を進めていることが評価された。

リー氏は「シンガポール人の多くは、英語と中国語の両方を流ちょうに話す。規制や会計、雇用以外の側面においてもビジネス環境は良好だ」と述べた。

日本は中位だったが、日本語でしか各種手続きができないこと、印鑑文化が評価を押し下げた。


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(06/28)

30年までに3兆ドルの投資機会 東南アジアのグリーン経済(上)(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

中小企業助成金、総額1億3200万Sドル支給(06/28)

外資からSDP買い戻し、シャープのパネル事業(06/28)

ホテル運営バンヤンツリー、日本市場に参入(06/28)

カスタマイズPC企業、ショールーム開設(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン