ガルフ、オマーンの発電事業への出資拡大

タイの独立発電事業者(IPP)ガルフ・エナジー・デベロップメントは11日、オマーンのドキュム経済特区(SEZ)の発電・淡水化事業「DIPWPプロジェクト」への出資比率を引き上げると発表した。 タイ証券取引所(SET)への報告によると、DIPWPプロジェクトを運営…

関連国・地域: タイ中東
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:四連休の真っただ中だっ…(08/04)

近代小売の信頼感が回復基調 2Qで底打ちか、最賃改定提案も(08/04)

アウディ、EVの法人向け販売を強化へ(08/04)

MG販社、チョンブリにショールーム新設(08/04)

中級コンドの賃貸需要が増加、融資厳格化で(08/04)

ユニークエンジ、アユタヤの運河整備を受注(08/04)

再生エネBCPG、太陽光発電4社を買収(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン