• 印刷する

テイクオフ:友人から教えてもらい、…

友人から教えてもらい、すっかり常連になっていた。普段なら街中でよく見かける「パリトー」や「ピチピチ」などの甘いお菓子が、インターネット上で売られている。街中よりも値段が安く、新型コロナウイルスの影響で自宅待機していた期間中に重宝した。

ネット販売をしていたのは、外出・移動制限措置で職を失った女性。生きるためにビジネスを始め、ようやく軌道に乗り始めていた。そこに目を付けたのか、当局は彼女のような「零細ネット事業者」に納税登録を命じた。安さが売りだったお菓子販売は、値上げの危機に直面している。

質が同じなら、消費者は安さを求めるだろう。外出・移動制限措置でネットの活用が急増する中で、政府の規制は明らかに逆行する。リアル店舗劣勢だったが、制限措置の緩和が進めば、消費行動は再びスマートフォンの画面から街中に戻るかもしれない。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスと聞…(08/11)

21年度のインフラ予算削減 かすむ看板政策、コロナが足かせ(08/11)

コロナ感染新たに6958人、計13万6638人(08/11)

1~6月の投資認可額27%減、経済区庁(08/11)

比の民主主義「危機」、著名記者が強権化に懸念(08/11)

景気刺激策、1800億ペソ規模に抑制=財務相(08/11)

50億ペソを追加拠出、出稼ぎ労働者支援に(08/11)

20年GDP、9.1%減に下方修正=フィッチ(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン