• 印刷する

NSW、西シドニー新都心の産業地区を承認

オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州政府が、2026年に開港予定の西シドニー空港に隣接して開発される新都心「エアロトロポリス」において、計画の一環である「マムレ・ロード地区」の開発を承認した。開発規模は26億豪ドル(約1,904億円)。同地区の開発は来年半ばから段階的に完了する予定で、建設期間には5,200件、完工後には1万7,000件の雇用が創出される見込み。業界紙オーストラリアン・アビエーションなどが伝えた。

マムレ・ロード地区は広さ850ヘクタールで、エアロトロポリスの主要10地区のうちのひとつ。新型コロナウイルス感染症を背景とした不景気からの復興のため、NSW州政府が「すぐに着工可能」と判断した24件のプロジェクトに含まれている。

不動産開発会社マーバックは承認を受け、同地区内にある56ヘクタールの工業団地開発を推し進める計画だ。同団地は西シドニー空港からほど近く、鉄道路線も乗り入れる見通し。

NSW州政府のベレジクリアン首相は「西シドニー空港から最初の飛行機が飛び立つずっと前の今の段階から、新都心の開発に乗り出す」と説明。連邦政府のモリソン首相は「このようなインフラ計画を進めることが、経済危機からの脱却につながる」と述べた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーで6月に通勤を…(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

豪のコロナ死者数、300人突破 ロックダウン効果は1週間後か(08/11)

政府、郵便局に医薬品などの配達優先を指示(08/11)

シドニーCBD、夜間ショッピングが縮小(08/11)

〔オセアニアン事件簿〕NSW州南部で集中豪雨が発生、1人が死亡(08/11)

商業不動産のテナント救済措置、延長を検討(08/11)

メルボ住宅成約率73%、都市封鎖でも高水準(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン