• 印刷する

サムスン、スポーツファッション事業整理へ

新型コロナウイルス感染拡大を機にファッション業界を取り巻く経営環境が急速に悪化していることを受けて、韓国のサムスン物産が構造調整に乗り出すことが14日分かった。

同社は、百貨店を中心に全国100店舗で展開している衣料品ブランド「ビーンポール」のスポーツファッション事業を来年2月までに整理する。ビーンポールから派生したブランドで、バッグや財布などの小物を販売する「ビーンポール・アクセサリー」も、実店舗を整理してオンライン専門ブランドに転換する準備を進める。

同社の広報担当者はNNAの取材に対し、「新型コロナの影響による経営環境の急激な変化で、選択と集中を迫られている」と話した。

デサント(大阪市)韓国法人のデサントコリアもこのほど、子ども用品を取り扱う47の単独店舗を8月末までに全て閉鎖すると発表しており、韓国のファッション業界では今後、ドミノ式に事業再編が進む見通しだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 繊維

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者520人、死者は13人増(10:50)

政策金利0.5%据え置き、金融緩和維持(01/15)

マクニカ、韓ミリ波レーダー企業の代理店に(01/15)

21年の日系昇給率2.5%予測 NNA調査、コロナで賃上げ慎重(01/15)

コロナ感染者524人、死者は10人増(01/15)

セルトリオンのコロナ薬、回復期間を短縮(01/15)

現代自の新EV、満充電で500キロ以上走行(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン