在タイ企業に越・ラオス現況解説=みずほ銀

みずほ銀行バンコック支店は12日、在タイ日系企業向けに、タイの周辺国における新型コロナウイルス感染症の現状や今後の投資動向などを解説するウェブセミナーを開催した。みずほ銀は、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーを「メコン5(ファイブ)」と位置付け、今回…

関連国・地域: タイベトナムラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

6月の消費者信頼感、2カ月連続で改善(07/03)

タイ国境検問所の移動自由化、外交筋も要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

短期出張者の入国、投資委の推薦条件を検討(07/03)

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(07/03)

経済3団体、GDP予測のマイナス幅を拡大(07/03)

CPTPP特別委、検討期間を2カ月延長(07/03)

観光客受け入れ、8月から3段階で実施へ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン