• 印刷する

ミャウー世界遺産申請、戦闘でいったん断念

ミャンマー政府は、西部ラカイン州の遺跡都市ミャウーの国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産申請をいったん棚上げする方針を明らかにした。同地域で国軍と少数民族武装勢力の衝突が悪化しており、提案書をまとめられる段階にないと判断した。

ビルマ民主の声(DVB)電子版が10日報じた。ラカイン州では2018年末から、ミャンマー政府が「テロリスト団体」に指定する武装勢力「アラカン軍(AA)」と国軍の衝突が続いている。宗教・文化省の高官によると、世界遺産登録を提案する書類の8割は完成しているが、残り2割に必要な現地人との面談が戦闘のために行えない状態。

同省のチー・ミン副相は10日、首都ネピドーで開いた記者会見で「(紛争の)状況が落ち着かない限り、ユネスコに出す提案書を仕上げることは難しい」と説明。同地域での和平がもたらされた後、ただちに作業を進めるとした。

ミャンマー政府は、中部バゴー管区のピュー古代都市、マンダレー管区の遺跡都市バガンに次ぐ、3カ所目の世界遺産にミャウーを登録する目標を掲げ、1月にユネスコに提案書を提出。ユネスコが4月までに申請を受け付けるかどうかを判断する流れだと説明していた。

ミャウーを含む対象地域で戦闘が続いていることなどで、ユネスコから再提出を要請された可能性がある。

ミャウーは、15世紀から18世紀後半まで現在のラカイン州とミャンマー南西部を支配したアラカン王国の中心として栄えた。数百のパゴダ(仏塔)や寺院が現存しており、建築様式は独特で、農業や輸送に用いられた独自の水系もある。

国軍とAAの戦闘は激しさを増しており、4月には新型コロナウイルス感染防止対応で現地に入っていた世界保健機関(WHO)の車両が襲撃され、運転していたミャンマー人スタッフが死亡する事件も発生している。

ミャンマー政府が世界遺産登録を目指すミャウー遺跡=2017年、ラカイン州(NNA)

ミャンマー政府が世界遺産登録を目指すミャウー遺跡=2017年、ラカイン州(NNA)


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

帰国者5人の感染確認、累計336人=14日朝(13:23)

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

貿易赤字が18億ドルに拡大、7月初めまで(07/14)

中国国境の新通関システム、来年導入へ研修(07/14)

72%が非接触型カードに関心、米ビザ調査(07/14)

畜産品向け冷蔵倉庫建設を計画、世銀支援で(07/14)

新たに1人感染確認、累計331人=13日朝(07/14)

バガンのパゴダで参拝許可、1日200人(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン