• 印刷する

テイクオフ:現在は外資企業の工場が…

現在は外資企業の工場が多い首都マニラ南方のカビテは、歴史的な場所でもある。122年前に当時の革命政権を率いたアギナルド氏が、長年の宗主国スペインからの独立を宣言し、現代フィリピンの基礎を築いた。

「民主主義と自由を残してくれた過去の英雄を見習い、新型コロナウイルスに打ち勝とう」。ドゥテルテ大統領は独立記念日の12日、こう国民に呼び掛けた。だが、結束を呼び掛けたその裏で、罪のない国民の逮捕が容易になると「反テロリズム法」の成立に反対する人たちが、街中に集まっていた。

新型コロナとの戦いは終わる兆しが見えない。他国に比べて感染が収まっていないのだから、国民の協力は不可欠だろう。それならば、政府も国民の賛否を巻き起こす法案はひとまず後回しにして、独立を導いた先人を見習い、コロナ収束へ一致団結するべきではないか。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

災害事態宣言を1年延長、大統領(21:31)

コロナ感染新たに3257人、計27万9526人(19:02)

経営者の5割、事業「深刻」 コロナ影響、売上高減に=PwC(09/18)

公共交通の社会的距離縮小、一時停止(09/18)

コロナ感染新たに3375人、計27万6289人(09/18)

輸入車販売、1~8月は49%減(09/18)

住友電装、ワイヤハーネス工場を新設(09/18)

三菱電機、FA製品サービス拠点を開設(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン