• 印刷する

「偽装留学生」対策を強化、教育省

中国教育省は10日、中国にルーツのある外国籍保有者が「留学生」として中国の大学に入学する際の要件を厳格化する通達を出した。海外で生活実態のない学生が、入学試験での優遇を目的に「留学」してくることを防ぐ狙いがある。

両親のどちらかが外国人だったり、海外で生まれたりといった事情で出生時から外国籍を持っている学生や、移民によって外国籍を取得した学生が対象。2021年1月1日以降に中国の大学へ入学する場合、外国パスポートを取得してから4年以上が経過し、かつ直近4年間のうち2年以上を外国で居住した実態がなければ留学生と認められなくなる。

11日付北京商報によると、中国の大学では海外からの留学生に対して筆記試験を免除したり、試験での合格ラインを低く設定したりといった優遇措置を設けている。このため、実際は国内で高校までの教育を受けた子どもを厳しい受験戦争から逃れさせようと、海外の不動産を購入して投資移民となる家庭も少なくないという。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪輸出品への中国の発注半減、今後も悪化か(17:00)

「外国企業は中国信頼」、輸出管制法で政府(17:35)

新型コロナ感染9人、国内症例は2人(18:25)

テイクオフ:語学検定を受けるため、…(12/02)

中老鉄路、土地収用長期化で完成遅れも(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

テイクオフ:人は空腹になるとイライ…(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

PHV・EVの選択肢広がる 各社が新型車投入、エキスポ開幕(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン