• 印刷する

サムスンがスマート化支援、診断キット増産

韓国政府と大企業が支援する中堅・中小企業へのスマート工場普及事業が成果を出し始めている。新型コロナウイルス感染症の診断キットメーカー、ソルジェントがその好事例として挙げられる。

ソルジェントは新型コロナ流行に伴って診断キットの受注量が急増したが、生産が追い付かなかった。政府は3月にスマート工場構築を支援すると決め、サムスン電子が専門家を派遣して◇資材管理や製造工程の最適化◇包装工程の改善◇自動化設備導入――などの課題に取り組んだ。その結果、生産量は73%増加した。

サムスン電子は2015年から中小企業などへのスマート工場支援事業を進めており、18年秋には中小ベンチャー企業省、中小企業中央会と協力して事業拡大に乗り出した。政府が事業予算を確保し、大企業がノウハウや人員・資金面で支える。サムスン電子は18年から22年までに600億ウォン(約54億円)を投じてスマート工場構築を支援する計画を立てている。

同社のサポートにより、コロナ関連ではソルジェントのほかにマスクメーカー4社が生産能力を増強した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、63人増の1万2967人(07/04)

韓国車の世界販売台数、6月は19.0%減(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

新型コロナの感染者54人増、光州市で急増(07/03)

サムスンSDSで感染者、蚕室社屋を閉鎖(07/03)

6月消費者物価、1カ月でマイナス脱却(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

21年の最低賃金、労働者側16.4%引上げ要求(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン