• 印刷する

中国から工場移転、中ジャワ州バタンに誘致

インドネシアのエリック・トヒル国営企業相は9日、米中の経済摩擦や新型コロナウイルス感染症の影響で中国からの工場移転を考える米国と日本の企業から投資を呼び込むため、中ジャワ州のバタン工業団地の開発を急ぐ方針を示した。政府は先に、工場の移転先として同州のブレベス工業団地を開発する計画を示していたが、用地取得やインフラ整備に時間を要することを理由に方針を転換した。11日付インベストール・デーリーが伝えた。

エリック国営企業相は「ブレベス工業団地を開発するのに、用地取得とインフラ整備で2年を要する。米国と日本の企業は6カ月後に投資を実現させる意向を示していることから、用地取得で問題がないバタン工業団地の開発を急ぐ方針だ」と述べた。バタン工業団地の開発では、国営農園プルクブナン・ヌサンタラ(PTPN)の所有地4,000ヘクタールを利用でき、既存の鉄道線路(総延長300メートル)やオランダ時代に建設された港湾も活用できると説明した。

インドネシア商工会議所(カディン)のシンタ副会頭(国際関係担当)は「インドネシアへの工場移転を検討している海外企業のうち、米国企業については米国商工会議所と協力し、製薬会社の工場移転計画などを確認しているところだ」と話した。「日本と韓国の企業もインドネシアへの工場移転を検討している。これらの投資を確実に呼び込むためには、規制緩和など投資環境の改善が必要だ」と指摘した。


関連国・地域: 中国韓国インドネシア日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

世銀の所得分類、上位中所得国に引き上げ(07/03)

石炭価格下落で減産、今年は4.8億トンに(07/03)

グラブ、独禁法違反で300億ルピアの制裁金(07/03)

国内新規感染者1600人超、東ジャワが急増(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

西ジャワ首都圏も16日までPSBB延長(07/03)

中銀の金融機関監督権、大統領が復活の意向(07/03)

エネ鉱省、年内の電気料金据え置きを決定(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン