• 印刷する

世界大学トップ50に豪5校、教育輸出回復も

英国の大学評価機関、クアクアレリ・シモンズ(QS)社が発表した「2021年世界大学ランキング」で、トップ50位内にオーストラリアの大学5校がランキング入りした。米国の17校、英国の8校に続き、世界で3番目にランクインした校数が多くなった。10日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)が伝えた。

ランキング入りしたのは、31位のオーストラリア国立大学のほか、◆シドニー大学:40位◆メルボルン大学:41位◆ニューサウスウェールズ大学:44位◆クイーンズランド大学:46位――となった。

QSの大学ランキングは、高等教育機関の教員や学生、企業からの意見を基に作成される。

一方、連邦政府が運営するウェブサイト「クオリティー・インジケーターズ・フォー・ラーニング&ティーチング(QILT)」によると、大学卒業者の就職先の雇用者満足度調査では、北部準州(NT)のチャールズ・ダーウィン大学が1位となり、QSの結果とは異なっている。

高等教育の専門家、ノートン氏は「就職先では、有名大学だからといってその卒業生がほかの大学の卒業生より優れているとは限らない」と指摘した。

■豪、留学生のセーフヘイブンに

オーストラリアの教育輸出は、来年3月までに留学生の入国を安全な方法で許可することにより、他国に先駆けV字回復する可能性があると、専門家が指摘している。米国で人種差別デモなどの混乱が生じ、英国が新型コロナウイルス感染症の拡大抑制に苦慮している中、オーストラリアは留学生にとって「セーフヘイブン」となり得るという。

国内の大学は現在、対面での授業再開に向け準備を進めている。

■豪留学は再考を=中国

一方中国政府は学生に対し、オーストラリアで新型コロナの流行を背景にアジア系の人への差別が増大しているとして、留学先を再考するよう警告した。二国間の緊張が高まる中、オーストラリアにさらなる圧力をかける狙いがあるとみられる。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

規制緩和で雇用市場回復も、業界や地域で差(18:40)

政府、低所得者向けに2回目の一時給付金(18:40)

豪航空3社の空港手数料、滞納額1700万$に(18:40)

テイクオフ:オージー英語といえば、…(07/13)

豪の入国者、きょうから大幅減 NSWなどで隔離が自己負担に(07/13)

VIC州のコロナ患者、7日連続で3桁増加(07/13)

メルボ封鎖、中小企の返済猶予申請も急増か(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン