• 印刷する

台湾スマホ販売、20年は11%減=IDC

米調査会社IDCは8日、台湾の2020年のスマートフォン販売台数が前年比11.4%減の572万台になると予測した。9年ぶりの低水準に沈むとみており、新型コロナウイルス感染症の影響を悪材料に挙げた。9日付経済日報が伝えた。

IDCによると、第1四半期(1~3月)のスマホ販売台数は前年同期比18.6%減の135万台。台湾の感染状況はその他の国・地域より軽微だったが、国際的な緊張ムードの高まりが域内消費者のスマホの買い替え需要を減退させた。

第2四半期(4~6月)の台湾スマホ市場も新型コロナウイルスの影響が持続するとの見方。下半期(7~12月)のスマホ販売予測は従来の前年同期比4.8%減から5.7%減に下方修正した。

ただ、第5世代(5G)移動通信システムのサービス開始がスマホ販売を一部押し上げるとも付け加えた。

21年のスマホ販売はプラス成長になるとみている。

■PCも伸び悩みへ

IDCによると、台湾の1~3月のパソコン販売台数は前年同期比8.2%増の55万5,000台だった。デスクトップ、ノートともに含む。遠隔勤務の導入や巣ごもり消費の拡大が需要を押し上げた。

ただ、下半期のパソコン販売は10.7%減少し、通年も3.4%減になると予測した。新型コロナウイルスが世界経済に打撃を与える中で、企業や個人の支出が縮小することを理由に挙げた。

タブレット端末の20年の販売台数は前年比24%減の76万台と予測。一方、商用は22.8%伸びるとみている。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅そばのコンビニ前で…(07/13)

上場企業の売上高が過去最高 6月実績、上期は小幅マイナスに(07/13)

TSMCの6月売上高、過去最高を更新(07/13)

聯発科技の6月売上高、約4年ぶり高水準(07/13)

ラーガン、3Qは「大半の顧客が発注減」(07/13)

鴻海、インド南部にアイフォーン工場か(07/13)

ノートPC5社の6月売上高、和碩が好調(07/13)

可成科技の6月売上高、同月の過去最高に(07/13)

中鋼の6月売上高、14カ月連続のマイナス(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン