• 印刷する

テイクオフ:最後に美容室を訪れてか…

最後に美容室を訪れてから久しい。3月中旬から外出・移動制限措置が実施された影響で、店舗は全て一時閉鎖を余儀なくされていた。女性なら多少切らずとも問題ないものの、短髪の男性はそうはいかない。日に日に増えていくモサモサヘアの男性たちの姿は、2カ月半以上におよぶ厳格な制限措置のストレスを体現していた。

マニラ首都圏では7日から、待望の美容室の営業再開が認められた。至近距離で長時間接するサービスのため、より厳格なガイドラインの順守が条件となる。店内消毒のため、次の客まで10分間空けることなどが義務付けられている。

提供できるのはヘアカットなど基本サービスのみに限定されるという。カラーができず、根元が真っ黒な「プリン」状態の身としてはどうも喜べない。いっそのこと「プリンヘアもおしゃれ」との概念が新たな常識にでもなってくれればいいのだが。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1531人、累計4万336人(07/03)

比商議所、ビジネス目的の往来再開を要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

MRT3号線、改修作業の90人コロナ陽性(07/03)

コロナ感染新たに294人、累計3万8805人(07/03)

旧式ジプニー6千台、3日から運行再開(07/03)

首都圏などの制限緩和を要請、経済区庁(07/03)

マニラ空港、渡航制限で経営難も=上院議員(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン