• 印刷する

日本政府、医療・人材育成支援に45億円供与

日本政府は、カンボジアでの計3件の医療・人材育成支援活動に対し、総額45億100万円の無償資金協力を実施する。首都プノンペンで5日、両国政府関係者らが活動についての書簡を交換した。

北西部シエムレアプ州で病院施設・機材の整備を通じて保健医療サービスの改善を図る「シエムレアプ州病院改善計画」に21億5,300万円、医療関係機材の整備で新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図る「経済社会開発計画」に20億円をそれぞれ供与。カンボジアの若手行政官の日本への留学を支援する「人材育成奨学計画」には、3億4,800万円の供与限度額を設定した。

シエムレアプ州病院改善計画では、同病院と、州内のその他4病院の施設と機材を整備する。これにより、シエムレアプ州病院の年間手術件数を2018年実績の3,306件から、事業完成3年後の26年に4,732件に増加させる。保健システムを強化し、基本的な保健医療サービスへのアクセス改善を図る。

経済社会開発計画では、救急車、集中治療室(ICU)のベッドなどの保健・医療関連機材を供与する。

人材育成奨学計画では、最大26人のカンボジアの若手行政官が日本の大学院に留学し、修士・博士号を取得することを支援する。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 医療・医薬品政治

その他記事

すべての文頭を開く

神鋼環境、リゾート施設向け浄水設備を受注(08/07)

低迷する自動車販売業界、3月比では回復(08/07)

新型コロナ、新たに3人感染で累計243人(08/07)

首都のウオーターパーク、17日開業へ(08/07)

入国の保証金減額、投資家などの要件緩和も(08/06)

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン