環保署、ごみ保管施設拡張に10億元投入

台湾行政院環境保護署(環保署)はこのほど、ごみ処理施設内のごみ一時保管施設の拡張などに10億台湾元(約36億1,000万円)を投じる計画を明らかにした。ごみ処理施設の大規模改修工事に伴い、処理能力が大幅に低下することに対応する。中国時報などが伝えた。 域内全24施設のうち…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外食チェーンが出店攻勢、コロナ収束で(18:54)

テイクオフ:自宅そばのコンビニ前で…(07/13)

上場企業の売上高が過去最高 6月実績、上期は小幅マイナスに(07/13)

TSMCの6月売上高、過去最高を更新(07/13)

聯発科技の6月売上高、約4年ぶり高水準(07/13)

ラーガン、3Qは「大半の顧客が発注減」(07/13)

鴻海、インド南部にアイフォーン工場か(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン