• 印刷する

《日系進出》医療アプリのミャンケア、スカラが出資

ITやファイナンス事業などを手掛けるスカラ(東京都渋谷区)は3日、ミャンマーで遠隔医療サービスを提供するミャンケアに出資したと発表した。ミャンケア利用者の医療・健康情報のビッグデータ処理や分析を通じて、保険会社などに新たなサービスの展開を図る。

ミャンケアの第三者割当増資を引き受けた。出資額や出資比率は非公開。ミャンケアは調達資金を、人員体制の強化やシステム投資に充てて事業を拡大する。

スカラは、今後の事業の柱の1つとして「社会問題解決型事業」の育成を目指しており、この海外での初案件として、ミャンケアへの出資を決めた。世界的にも低い医療水準や、所得水準と比して高い医療費といった課題の解決に向けて、日本で培ったモノのインターネット(IoT)やビッグデータのノウハウを生かす。

ミャンケアの資本金は5億6,300万チャット(約4,400万円)。最大都市ヤンゴンに拠点があり、従業員数は30人。小児科に特化した医師常勤のコールセンターを核とした遠隔診療サービスを提供する。テキストチャット、ビデオチャット、電話などを通じて診療を受けることができるスマートフォンアプリを運用し、1万世帯以上の利用者を抱える。

スカラ子会社のスカラネクスト(東京都渋谷区)は、2018年にミャンマー第2の都市マンダレーにITオフショアの開発拠点を設立している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染404人、過去最多を更新=18日朝(21:49)

マンダレー、トラック運転手は入域前に交代(17:11)

タイが入国規制、ミャンマーの貨物トラック(13:15)

7月インフレ、1.7%に急低下 電力値上げの押し上げ効果消える(09/18)

新規感染259人、死者が57人に増加=17日朝(09/18)

スー・チー氏の健康状態は良好、報道官(09/18)

コロナ基金の追加融資、9月末から実行へ(09/18)

良品計画、ミャンマー産コーヒー豆を発売へ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン