地場大手、蓄電池生産を加速 コロナ後見据え事業の多角化図る

タイの資源・電力大手企業が、国内で新型コロナウイルス感染症が収束しつつある中で、蓄電池の生産を加速させる方針を相次ぎ示している。コロナ後にクリーンエネルギーを活用した事業の多角化を進める狙いだ。石炭開発大手バンプーは、コロナ禍で石炭需要が低迷する中、中国のリチ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコク国際モーターシ…(07/16)

回復機運の観光業界に打撃 エジプト兵感染、国民は補償要求(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

バンコク自動車見本市、外資が電動車を訴求(07/16)

東南アジアのM&A、1~6月は13%減(07/16)

医療目的の入国、コロナ検査は3回義務付け(07/16)

帰国者5人が感染、市中は51日ゼロ(15日)(07/16)

不動産AP、下期に低層住宅26件を新規開発(07/16)

チャオプラヤー川の展望塔開発、計画凍結(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン