【ウィズコロナ】M&Aや新興企業投資が活性化 東南アジア日系企業の変革(下)

コロナと共生する「ウィズコロナ」時代に、東南アジアで日系企業による合併・買収(M&A)や新興企業への投資が増えそうだ。分野別ではヘルスケアが注目を集めているほか、新たな製造拠点を模索する動きが出ている。前回に引き続き、経営コンサルティング会社、経営共創基盤(I…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 医療・医薬品その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

持続可能金融での調達3倍へ 地場不動産大手、向こう10年で(17:09)

金融庁、ワイヤーカード現法に業務停止命令(21:09)

石川県がアンテナショップ、EC販売も(21:11)

コロナ暫定措置法改正、家賃免除など支援強化(21:09)

SMRTタクシー、グラブとアプリで提携(21:09)

民間住宅価格、7~9月期は0.8%上昇(21:09)

新規感染21人、計5万7786人(1日)(21:09)

テイクオフ:気が付けば10月を迎え…(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン