ロヒンギャ初のコロナ死者、バングラデシュ

バングラデシュ南東部コックスバザール近郊にある、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民キャンプで1日、ロヒンギャで初めて、新型コロナウイルス感染症による死者が確認された。電子メディアのイラワジが2日伝えた。 地元当局によると、死亡したのはクトゥパロン…

関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

5年ぶりの総選挙、11月8日に実施(12:27)

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(13:01)

JCB、ミャンマーで3行目の提携カード(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

コロナ基金の低利融資、建設業も対象へ(07/02)

コメ輸出規制が緩和、新型コロナ小康状態で(07/02)

テレビ撮影などの規制解除検討、閣僚ら協議(07/02)

金輸出が停止状態、LC決済に嫌気で(07/02)

新都市開発は高リスクで不透明=市民団体(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン