三角貿易が衰退、域内への生産能力移転で

米中貿易摩擦や新型コロナウイルス感染症を受けて、台湾企業の回帰投資が進む中、台湾の三角貿易(台湾で受注、域外で生産)が衰退傾向にある。行政院主計総処(統計局)によると、今年第1四半期(1~3月)の三角貿易による純利益は前年同期比1割減の40億米ドル(約4,300億円)…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台東県で開催している熱…(07/16)

MRT建設が各地で加速 投資3千億元規模に、沿線開発も(07/16)

台南市が5G応用加速へ、産官提携で(07/16)

華新科がコウ暉の株式買い増し、比率26%へ(07/16)

PC製造業の19年生産額、6年連続で伸び(07/16)

ASUS、下期はスマート医療の提携先拡大(07/16)

大立光電、2.7億米ドルを台湾戻し入れ(07/16)

FII、騰訊雲と新型インフラ分野で提携(07/16)

第一名店、健康テーマのスーパー開設(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン