失業補償金の支給状況、一部州ではまだ3割

カンボジア政府が打ち出した失業労働者への補償金支給が遅れているようだ。南部カンダル州の縫製工場では、補償金を受け取った労働者は現時点で対象の約3割にとどまっているという。クメール・タイムズ(電子版)が5月29日に伝えた。 政府は同25日から、新型コロナウイルス感染…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

投資家の入国規制緩和、保証金減額など実施(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

1~5月の車両関連輸入、17%減の6億ドル(07/02)

シアヌークビルの発電所、22年までに完成へ(07/02)

ベトテル、カンボジアのヘルスケア電子化へ(07/02)

東南ア、最低賃金改定で攻防 コロナ禍で凍結・先送り案も(07/01)

商工会とJBAC、ANAに運航再開要請へ(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン