《安全》国内のコロナ規制を大幅緩和 空路封鎖は継続、帰任見通せず

ミャンマー政府は1日までに、新型コロナウイルスの感染防止のために発令していた都市部での移動制限や集会の規制を大幅に緩和した。市中感染が抑えられているためで、最大都市ヤンゴンでは久しぶりの外食を楽しむ家族連れが目立った。一方、国際線旅客機の着陸を禁止する水際対策…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外出の動き、平常時の9割に 規制緩和で活動が回復=グーグル(07/16)

新型コロナで中止のODA事業、再開(07/16)

ヤンゴン高架高速道、入札期限は9月1日(07/16)

世銀が345万ドル支援、太陽光発電整備で(07/16)

京セラ系、エヤワディでも太陽光グリッド(07/16)

帰国者1人の感染確認、累計337人=15日朝(07/16)

全日空のヤンゴン―成田便、8月も運休(07/16)

コロナファンド、追加資金の対象は農業など(07/16)

三輪タクシーが苦境、バガン旅行者少なく(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン