• 印刷する

NHNとサムスンSDS、クラウドで協力

韓国のNHNは5月28日、システム開発大手のサムスンSDSとクラウド事業での戦略的協力に向けた覚書を交わしたと発表した。各社のクラウド商品やソリューションを活用した事業モデルを共同で発掘する。

両社は、顧客企業のクラウド構築事業への共同参加を拡大するほか、クラウド基盤商品やソリューション開発での協力も推進。データセンターの運営サービス事業も拡大する。

新型コロナウイルスの感染拡大により、企業では在宅勤務の普及や会議など密集を避ける動きが広がっている。これに伴い、デジタルによるビジネスモデルの変革「デジタルトランスフォーメーション」の取り組みが急速に進んでいる。両社はクラウド事業の競争力を高めて、デジタル投資需要を掘り起こす考えだ。

NHNは2015年にクラウドサービス「TOAST」を発表し、公共、金融、ゲームなど多様な分野に進出。日本と北米にデータセンターを保有している。サムスンSDSは世界に17のデータセンターを保有し、サムスングループ系列会社や顧客企業のクラウド転換を推進している。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、1716人増(13:35)

ワクチン1回目2万7000人増、接種率71.2%(13:35)

テイクオフ:「今回は強敵すぎて、闘…(09/23)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「見えない商品、自販機で」「犬型ロボ、現場のお供に」(09/23)

「公共」出前アプリが続々 加盟店の負担減、地域経済に貢献(09/23)

コロナ新規感染者、1720人増(09/23)

10月にも韓国とのFTA調印へ、商業省(09/23)

ワクチン1回目6525人増、接種率71.2%(09/23)

LGエナジー、中国製錬企業の株式取得(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン