• 印刷する

バタム市、企業などに衛生規律の順守を徹底

インドネシア・リアウ諸島州のバタム市は、新型コロナウイルス感染防止のための衛生規律の順守に関する施策「公衆活動制限(PAM)」を実施する。企業などとは合意書を交わし、事業活動を行う上で衛生規律を順守するよう徹底を図る。28日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

バタム市のムハマド・ルディ市長によると、PAMの対象となるのはバタム市の12郡のうち9郡に居住する約100万人。市やバタム島の自由貿易地域の運営や開発政策を主導するBPバタム(=バタムフリーゾーン監督庁、BIFZA)の職員、軍人、警察官で構成する3,000人規模の新型コロナ緊急対策チームを市内に配置し、28日から来月14日までの18日間、市民が衛生規律を順守しているかの確認を行う。

ムハマド市長は「合意書の締結に応じない企業は、事業が閉鎖されても文句を言わないでほしい」と述べた。

バタム市労働局のルディ・サクヤキルティ局長は「24カ所ある工業団地のうち14カ所が加盟するインドネシア工業団地協会(HKI)リアウ諸島州支部と協力して、事業活動における衛生規律の順守に努める」と述べた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オーストラリアと労働者交換プログラム実施(13:24)

テイクオフ:朝起きると、まず窓を開…(07/14)

大統領、検査態勢強化を指示 首都は活動制限強化も、感染増で(07/14)

西ジャワ州、マスク未着用住民に罰金適用へ(07/14)

バンテン州、PSBBを26日まで延長(07/14)

高速道の新料金収受システム導入、入札開始(07/14)

空運局、空港で無作為の薬物検査実施へ(07/14)

スマトラ高速道、事業費386兆ルピア未調達(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン