• 印刷する

中小旅行会社の8割、打撃深刻=観光省調査

ミャンマーのホテル・観光省がルクセンブルク開発協力庁(LuxDev)などとの協力で実施した調査で、ミャンマーの中小旅行会社の8割以上が新型コロナウイルス感染症拡大で深刻な打撃を受けていることが分かった。電子メディアのイラワジが27日伝えた。

調査では、全国6州・管区の中小旅行会社57社から回答を得た。回答を地域別に見ると、9割超は最大都市を抱えるヤンゴン管区、第2の都市を抱えるマンダレー管区、北東部シャン州という観光業が盛んな地域からだった。

経営状態を尋ねた質問への回答は、「売上が減少した」が約90%、「ほぼ休業状態」が約80%、「人員を削減した」が60%だった。「負債が増大した」と「サプライチェーンが混乱している」はそれぞれ42%あった。また、「生産性が低下した」が40%、「事務所を閉鎖した」が37%、「経費が上昇した」が33%、「在宅勤務などで仕事の効率が下がった」が28%。30%は「廃業に追い込まれた」と回答した。

「政府の支援は十分か」との質問に対しては、「十分」との回答はわずか5%で、21%は「政府を信頼していない」だった。政府の支援策については、「どのような支援があるのか分からない」が53%、「常に状況が変わっており、把握が難しい」が21%となった。

「今後の不安、どのような政府支援を望むか」との質問には、70%が「税金をはじめとする支払いの免除」、63%が「経済的な支援による生活の救済」を挙げた。

経済的支援については、60%が「無金利融資」、47%が「現金支給」、28%が「融資返済の猶予や減額」を希望した。

政府は3月に創設した総額1,000億チャット(約76億6,900万円)の「新型コロナウイルス感染症(COVID19)ファンド」による低利融資の対象分野に、観光業を含めた。新型コロナウイルス経済救済計画(COVID-19 Economic Relief Plan、CERP)では、同ファンドの額を2,000億~5,000億チャットに拡大する方針も示した。

しかし観光業界は、「現行の融資や免税措置は、観光業を復興させるには不十分」として、支援の拡大を求めている。その一環としてミャンマー旅行業者協会(UMTA)は先ごろ、政府に500億チャットの公的融資を求めた。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染404人、過去最多を更新=18日朝(21:49)

マンダレー、トラック運転手は入域前に交代(17:11)

タイが入国規制、ミャンマーの貨物トラック(13:15)

7月インフレ、1.7%に急低下 電力値上げの押し上げ効果消える(09/18)

新規感染259人、死者が57人に増加=17日朝(09/18)

スー・チー氏の健康状態は良好、報道官(09/18)

コロナ基金の追加融資、9月末から実行へ(09/18)

良品計画、ミャンマー産コーヒー豆を発売へ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン