• 印刷する

早期の建設を要請、日系絡む水力発電所

カンボジア鉱業・エネルギー省はこのほど、西部ポーサット州での水力発電所の建設許可の早期発給を建設省に要請した。同発電事業に関係する電力会社イーレックス(東京都中央区)の担当者が明らかにした。許可が出れば、事業を手掛けるSPHP(カンボジア)は2023年の完成を目指して工事に着手する。

水力発電所の建設地は同州ベルベン郡で、出力は8万キロワット(kW)。着工予定のダムの高さは100メートル、面積は85平方キロメートルで、貯水量は12億立方メートルになる。投資額は約2億3,000万米ドル(約250億円)の見通しだ。

SPHP(カンボジア)はこの計画について、12年に事業化調査の権利を取得し、19年4月には閣議承認も得ていた。現在は、現地で土地の整備など着工に向けた準備を進めている。発電所の完成後は、電力をカンボジア電力公社(EDC)に1キロワット時(kWh)当たり0.7米ドルで販売する。EDCとは既に売電契約を締結している。

イーレックスは、SPHP(カンボジア)の全株式を保有するSPHP(シンガポール)に34%を出資している。同社にはこのほか、カンボジアの発電事業会社アジア・エナジー・パワー、シンガポールの同業ISDNエナジーがそれぞれ33%を出資している。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

全日空のプノンペン―成田便、8月も運休(07/16)

サウジからの帰国者、さらに9人コロナ陽性(07/16)

ロン島の道路建設、財閥ロイヤルなどと提携(07/16)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「クモ糸の技術応用、夢の新素材」「ガリガリ君、ミャンマーに登場」(07/16)

20年経済成長率はマイナス1.9%、中銀予測(07/15)

ファイナンスリース残高、上半期は43%増(07/15)

北東部州、ラオスとの国境ゲート設置検討(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン