• 印刷する

現代自とGS、ソウル江東に水素充塡所開設

韓国の完成車最大手・現代自動車は27日、石油元売り大手のGSカルテックスと共同でソウル・江東に「H江東水素ステーション」を開設したと発表した。同社が営業する水素ステーションとしては、ソウル市内では汝矣島の「H国会水素ステーション」に次ぐ2カ所目、全国では8カ所目となる。

施設はGSカルテックスの液化石油ガス(LPG)スタンド内に設置され、午前8時から午後10時まで運営する。1日に70台以上の水素燃料電池車(FCV)を充塡(じゅうてん)できる。水素とLPGのほか、電気自動車(EV)の充電も可能だ。

現代自はFCVの普及に向け、2018年から水素ステーションの整備に力を入れている。現代自の関係者は「給油所事業で長い運営経験を持つGSカルテックスとの協業により、水素ステーションの経済性と安定性の向上が期待できる」とコメントした。

現代自がGSカルテックスと共同で開設した、ソウルで2カ所目の水素ステーション「H江東水素ステーション」=韓国(現代自提供)

現代自がGSカルテックスと共同で開設した、ソウルで2カ所目の水素ステーション「H江東水素ステーション」=韓国(現代自提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者346人、死者数は12人増(01/22)

住友商事、ペットケア事業で韓国企業と提携(01/22)

越のビンG、LGスマホ工場の買収検討か(01/22)

【揺れるサムスン】曲がり角を迎えた同族経営 サムスントップ実刑の衝撃(下)(01/22)

【韓流新時代】越の韓国語教育、需要拡大か アイドル活用、韓国企業も人気増(01/22)

コロナ感染者401人、死者数は16人増(01/22)

SKイノ、中国のEV電池交換業者に出資(01/22)

現代自会長、シンガポールのR&D建設視察へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン