首都西郊、ミャンマー人労働者受け入れ再開

タイの首都バンコク西郊のサムットサコン県は、6月にミャンマー人出稼ぎ労働者の受け入れを再開する予定だ。新型コロナウイルス感染防止のため、県内での就労には14日間の隔離検疫を義務付ける。ネーションが27日報じた。 ウィラサック知事によると、新型コロナの感染拡大を受け…

関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

6月の消費者信頼感、2カ月連続で改善(07/03)

タイ国境検問所の移動自由化、外交筋も要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

短期出張者の入国、投資委の推薦条件を検討(07/03)

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(07/03)

経済3団体、GDP予測のマイナス幅を拡大(07/03)

CPTPP特別委、検討期間を2カ月延長(07/03)

観光客受け入れ、8月から3段階で実施へ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン