ムヒディン首相が自宅待機、会議に感染者

マレーシア首相府は22日、ムヒディン首相が同日夕方から2週間の自宅待機に入ったと発表した。20日の閣議後の会議参加者の1人に新型コロナウイルス感染症の陽性が確認されたため。ムヒディン氏は検査で陰性だったが、1988年感染症予防管理法に則して健康観察期間を自宅で過ごす。

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クレジットカードがなく…(05/28)

コロナ禍で即席麺の販売好調 巣ごもり消費、今後も伸びしろ(05/28)

日本から駐在員など400人足止め、制限令で(05/28)

RM1=24.7円、$1=4.35RM(27日)(05/28)

サイムダービー、中華圏で自動車事業拡大へ(05/28)

消費支出の伸び鈍化、低所得層の収入減で(05/28)

外国人の感染防止徹底、不法就労は強制送還(05/28)

マラヤンセメント、改修でラワン工場閉鎖(05/28)

通販拡大で包装業界に恩恵、梱包材の使用増(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン