• 印刷する

サムスン、モバイル画像センサーの新製品

サムスン電子は19日、モバイル向けのCMOSイメージセンサーの新製品「Isocell GN1」を発売したと発表した。

総画素数は5,000万。1.2マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のピクセル(画素)に二つのフォトダイオードを配置した「デュアルピクセル」技術を採用したことで、高速かつ高精度の像面位相差オートフォーカス(AF)に対応する。

また、四つの隣接するピクセルを一つのピクセルとして利用する「テトラセル」技術も適用。より多くの光を取り込むことで、1,250万画素相当での高解像度の高感度撮影も可能にした。

サムスン電子・システムLSI事業部のパク・ヨンイン副社長は「向上したAF機能により、どのような環境でも明るく鮮明な写真を撮影できるようになる」とコメントした。

サムスン電子が発売した新型のイメージセンサー「Isocell GN1」(同社提供)

サムスン電子が発売した新型のイメージセンサー「Isocell GN1」(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国は今月後半から本格…(07/09)

入国感染者が3カ月ぶり最多 欧米から変種コロナ、拡散懸念も(07/09)

新型コロナ感染者、63人増の1万3244人(07/09)

韓国政府、新興企業の支援センター開所(07/09)

日本の対韓輸出18%減 11年ぶり低水準(07/09)

ソウル大学病院、物品搬送にLG製ロボット(07/09)

サムスン電子、半導体新素材を発見(07/09)

大容量海底ケーブルSJC2、21年完成へ(07/09)

LGとGS、EVバッテリーでサービス開発(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン