【エネ業界を読む】第8回 フィリピンの電気料金

フィリピンは東南アジア諸国連合(ASEAN)の中でも電気料金の高い国です。フィリピンでは電力セクターの規制緩和が進み、電力価格は電力卸売りスポット市場(WESM)での市場競争を通じて決定されています。 他のASEAN諸国では、低所得世帯への電力の無償提供や政府…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスのワ…(10/27)

商工省、制裁回避へ対応強化 輸出回復、紛争の増加に備え(10/27)

接種拡大に非協力な職員クビ 大統領、普及遅れいら立ち(10/27)

新型コロナ、新たに4393人感染(10/27)

モーリシャス由来の変異株、比で初めて確認(10/27)

運輸省、公共交通の乗車制限撤廃を提案(10/27)

韓国とフィリピン、FTA交渉が妥結(10/27)

首都圏の外出制限緩和、経済効果は142億ペソ(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン