• 印刷する

ミャンマーの今年度GDP成長率2%も、世銀

世界銀行は18日、途上国との国別パートナーシップ枠組みで、2020~23年の3カ年にわたりミャンマーを支援すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により、国内総生産(GDP)成長率は、18年度(18年10月~19年9月)の6.3%から19年度は2%まで落ち込むと予測。引き続き、協力を続け、回復を支えるとしている。

世銀はこれに先立つ4月20日、ミャンマーの新型コロナ関連の緊急対策事業に5,000万米ドル(約53億8,000万円)の融資を承認したと発表。新たな声明では、新型コロナウイルスの感染拡大が及ぼす影響で、国内総生産(GDP)成長率は18年度の6.3%から19年度は2%まで落ち込むと予測した。パンデミック(世界的大流行)が来年に終息しても、ミャンマーの回復は遅れるリスクがあるとしている。

20年からの新たなパートナーシップ枠組みでは、人材資本の構築、和平の推進、民間部門の責任ある成長と経済発展の3点に重点を置き、自然災害への対応策や持続的な資源活用にも関与する。

世銀は、ミャンマーは11年の民政移管後、貧困率が05年の48%から17年に25%に削減されたが、まだ恩恵を受けられない人も多く、国内の郡区の3分の1は紛争の影響を被っていると分析する。マリアム・シャーマン・カントリーディレクター(ミャンマー・カンボジア・ラオス担当)は「ミャンマーは全ての国民に行き渡る投資を行い、経済成長の恩恵を最大化する必要がある」と述べた。

世銀傘下の国際金融公社(IFC)は、ミャンマーで縫製業や観光業、農業分野の低所得者層が新型コロナで厳しい生活苦を強いられることになるため、民間企業が責任ある事業展開で雇用を創出することがより重要になると指摘している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

国内初の再陽性、新規確認はなし=3日朝(07/04)

5年ぶりの総選挙、11月8日に実施(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(07/03)

〔寄り道〕新型コロナウイルスの感染を防ぐため…(07/03)

ヤンゴン川、夜間航行の実現へ資金協力(07/03)

WHOミャンマー代表、コロナ対策を評価(07/03)

労働省、失業者25万人の雇用確保を促進(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン