• 印刷する

企業の26%が採用活動継続、リーラコーエン

マレーシアで新型コロナウイルスの感染封じ込めのための活動制限令が長引き各社の業績が落ち込む中、企業の26%が引き続き採用活動を行っていることが、人材紹介会社リーラコーエンマレーシアの調査で分かった。

人材紹介会社ネオキャリア(東京都新宿区)の現地法人リーラコーエンマレーシアは、5月8~14日に日系企業を対象に新型コロナウイルスによる業績への影響などに関するアンケート調査を実施。171社から回答を得た。

企業の内訳は、日系が144社、その他資本が27社。従業員数は15人未満が61社、15~214人が78社と、214人以下が約8割を占めた。業種別では、製造業(現地工場有り)58社、商社28社、販売会社21社、サービス業19社など。

新型コロナウイルスによるマレーシア国内でのビジネスの影響は、2020年下半期(7~12月)の売上高が前年比で「15~30%減少する」と答えた企業が26%で最も多かった。次いで、「5~15%減」が20%、「30~50%減」が18%で続いた。「50%以上の減少」を見込む企業も10%あった。

多くの企業で今年後半の売上減が見込まれる中、今後の人員計画については、「欠員があった場合だけ補充する」が最も多い51%。一方で、「引き続き採用活動をしている」と26%が回答。「増員予定がある/検討している」という企業も19%あった。「整理解雇が必要な状態である」との回答は6%のみだった。

「選考過程でWEB面接を取り入れた」企業は30%。「今後実施する予定」という企業は29%だった。「実施していない」(20%)、「実施しない」(21%)企業も合計で4割ほどみられた。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総合病院で2科続けて受…(07/14)

景気低迷で低価格小型車人気 国民車プロトンがシェア拡大か(07/14)

プロドゥア車、3~5月のネット検索で首位(07/14)

RM1=25.1円、$1=4.27RM(13日)(07/14)

PCR検査未受検で搭乗拒否も、入国に混乱(07/14)

新規感染7人、1人は日本から入国(07/14)

小売業売上高、コロナ禍で1Qは11.4%減(07/14)

ジョ州国境鉄道が11月にも着工、州首相(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン