• 印刷する

日立、公営住宅向けエレベーター300台受注

シンガポールの公営住宅(日立製作所提供)

シンガポールの公営住宅(日立製作所提供)

日立製作所と日立ビルシステムは19日、シンガポールで公営住宅(HDBフラット)向けのエレベーター300台を受注したと発表した。受注額は数十億円規模とみられる。日立グループとして同国での昇降機受注で過去最大となる。

昇降機販売・サービスを手掛ける現地の子会社、日立エレベーターアジアを通じて受注した。年内に納入する予定だ。

シンガポールでは、エレベーターとエスカレーターを合わせた昇降機の需要は毎年約2,000台で、日立は約15%のシェアを持つ。チャンギ国際空港や、同国で最も高いビルのグオコタワーなどに昇降機を納入した実績がある。

日立の広報担当者は「これまでは高級マンションやオフィスビル向けを中心に受注してきた。異なる市場である公営住宅向けを受注できたのは、耐久性が評価されたからではないか」と述べた。

シンガポールでは住民の8割以上が公営住宅に住んでおり、エレベーターは適切なメンテナスを行った場合で寿命が約25年だという。同担当者は「今後も公営住宅のエレベーターの新設や更新需要に積極的に対応していきたい」と意気込みを語った。

日立は2019年10月、シンガポールでエレベーターの稼働データをリアルタイムに収集し、その分析結果から故障を予防する遠隔監視サービスを始めている。今回の受注に同サービスの提供が含まれているかについては明らかにしていない。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

総選挙、与党勝利も野党が議席上積み(16:16)

通信IPS、現法に2億円増資(07/10)

長瀬産業、東南アジア初の食品素材ラボ開設(07/10)

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(07/10)

車両購入権の入札再開、予想より上昇小幅(07/10)

ロールスロイス、人員24%削減へ(15:57)

空港業務SATS、コロナで4Q赤字に(15:57)

新規感染170人、計4万5783人(11日)(11:23)

新規感染191人、計4万5613人(10日)(07/11)

新規感染125人、計4万5422人(9日)(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン