チップモン、首都北部の都市開発を再始動

カンボジアの大手財閥チップモン・グループは18日、首都プノンペン北部の衛星都市「グランド・プノンペン・シティー(GPPC)」の開発事業を再始動した。センソク区の広さ260ヘクタールの敷地に高級住宅や商業施設、ゴルフ場などを建設する。プノンペン・ポスト(電子版)が同日…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

全日空のプノンペン―成田便、8月も運休(07/16)

サウジからの帰国者、さらに9人コロナ陽性(07/16)

ロン島の道路建設、財閥ロイヤルなどと提携(07/16)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「クモ糸の技術応用、夢の新素材」「ガリガリ君、ミャンマーに登場」(07/16)

20年経済成長率はマイナス1.9%、中銀予測(07/15)

ファイナンスリース残高、上半期は43%増(07/15)

北東部州、ラオスとの国境ゲート設置検討(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン