• 印刷する

制限令解除後も8割がマスク着用、感染予防

マレーシア国民の大半が、活動制限令の解除後も、新型コロナウイルス対策の標準作業手順書(SOP)に従う必要性を認識していることが分かった。英調査会社ユーガブ・オムニバスによると、公共空間でのマスク着用を続けると答えた人は全体の77%に達した。17日付スターが伝えた。

ユーガブはこのほど、1,068人を対象に、活動制限令(6月9日まで)解除後のSOP順守の必要性に関する調査を実施した。今月4日からは規制を緩和した条件付き活動制限令が施行されている。

活動制限令の解除後も、「混雑した場所や大人数が集まる催しを避ける」と全体の86%が回答。「公共空間や混雑した場所ではマスクを着用する」が77%、「不要不急の外出を控える」が74%など、国民が活動制限令の解除後も、新型コロナの感染防止策の必要性を認識している姿が浮き彫りになった。「オンラインを活用した勤務や学習、商品の購入を心がける」と答えた人も58%と、過半数に達した。

公共施設や商業施設などへの要望に関しては、「消毒剤の設置」と85%、「衛生状況の改善」と83%、「社会的距離の確保」と81%が回答。今後も必要な対策としては、「大人数が集まるイベントの自粛」が75%、「海外旅行、州間移動の制限」が52%だった。「感染拡大を阻止するためには、場合によって活動制限令の断続的な実施が必要」との回答は47%に上った。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア継続に「黄信号」 監査が注記、同社は業績回復強調(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

RM1=25.2円、$1=4.26RM(9日)(07/10)

融資返済猶予適用、6日時点で514億リンギ(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

外国人採用前に地元で求人を、人的資源相(07/10)

SOCSO、3千万リンギを不正給付か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン