輸出苦境で一帯一路に活路 投資や輸入の拡大も

中国商務省は18日、新型コロナウイルスの世界的流行で大きな影響を受けている輸出のてこ入れに向けて、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」沿線国の市場開拓に力を入れる考えを示した。1~4月の貿易総額は前年割れとなったが、一帯一路沿線国相手ではプラスを維持している…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(16:40)

新型コロナ感染者9人増、いずれも海外から(17:58)

テイクオフ:大学の一斉入試「高考」…(07/09)

駐車場、8千万台規模で不足 マイカー普及拡大、建設の遅れで(07/09)

自貿区政策の全国拡大、第6弾37項目を発表(07/09)

MGがEVカーシェア、7月中旬にも開始(07/09)

セメント大手ウルトラ、中国子会社を売却(07/09)

家事代行従業員、800万人をデータベース化(07/09)

5元紙幣を更新、11月から発行開始(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン