• 印刷する

大統領府、ロヒンギャ迫害の訴追組織を設置

ミャンマー大統領府は、西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題について、政府が設置した独立調査委員会(ICOE)の最終報告書に盛り込まれた勧告に従い、犯罪捜査・訴追組織(Criminal Investigation and Prosecution Body)を設置した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が16日伝えた。

司法長官府の15日付発表によると、犯罪捜査・訴追組織は、ICOEの報告書に含まれている13カ所で発生した事件と優先案件に指定された事件の捜査も行っている。

捜査を効果的に進める目的で、司法長官府と警察による合同特別委員会が設置された。この委員会は、同国が国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)に提訴されたことを受けて大統領府が先に設置した特別チームとも連携している。

ICOEの報告書によると、マウンドー、ブティダウン、ラテダウンの3郡区内の合わせて13カ所で犯罪行為があり、これまでに計91件について訴訟が提起されている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染者なし、累計316人=8日朝(17:27)

タニンダーリの真珠養殖、合弁設立の入札へ(17:27)

ミャンマー人材の来日切望 早期の実現願い、面接続く(07/08)

マグウェーの緊急発電事業、香港系が稼働(07/08)

6月の外国人入国は279人、前年比99.7%減(07/08)

中東から帰国した3人の感染確認、7日朝(07/08)

バガン参拝客、週末に1000人を超える(07/08)

AYA損保がサービス拡大、コロナで需要増(07/08)

若手行政官の日本留学を支援、6.3億円(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン