• 印刷する

テイクオフ:条件付き活動制限令で学…

条件付き活動制限令で学校の閉鎖が続く中、ありがたいことに、息子の通っている保育園は一足先に再開した。

再開に当たり、保護者向けに膨大な量の新型コロナウイルス対策標準作業手順書(SOP)が配られた。第一には「園内でのソーシャルディスタンス(社会的距離)を厳守します」。「乳幼児の社会的距離……?」と頭の中にハテナマークが飛び交う中で迎えた初日は、15人のクラスメートのうち3人しか来ていなかった。子どもたちは日中、おのおの隔離されているという。

人数を減らし、広いスペースを確保となると、家賃の高い都心のオフィスビルで開業している保育園などは経営が難しくなるのではないか。なにより、登園しても友達と遊ぶこともできず隔離されている子どもたちがふびんだ。これも「アフターコロナ」の新たな生活様式になるのだろうか。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア継続に「黄信号」 監査が注記、同社は業績回復強調(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

RM1=25.2円、$1=4.26RM(9日)(07/10)

融資返済猶予適用、6日時点で514億リンギ(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

外国人採用前に地元で求人を、人的資源相(07/10)

SOCSO、3千万リンギを不正給付か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン