• 印刷する

ムンバイの封鎖、月末まで延長へ

インド西部のマハラシュトラ州政府は、新型コロナウイルス対策の都市封鎖をムンバイを含めた各地で月末まで継続する方針だ。同州のデサイ産業相は「住民の健康が第一で、産業や経済はその次だ」と理由を説明した。民放NDTVなどが15日に伝えた。

マハラシュトラ州のタークレー首相らとの会合の後で、デサイ氏が州政府の方針を明らかにした。具体的には、ムンバイのほか、プネとタネ、マレガオン、アウランガバードなどが対象になるとみられる。ムンバイでの感染例は14日時点で1万6,500件余り。州内の感染例は月末までに5万件を突破するとみられている。

州政府は一方で、経済活動の再開に向けた支援策の導入も計画している。出稼ぎ労働者が都市部を離れ、労働力が不足している問題では、州政府が専門の部局を立ち上げ、労働者と雇用者の仲介に乗り出す方針だという。


関連国・地域: インド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:三大カーンもすごいが、…(07/14)

グーグルが100億ドル投資 デジタル化促進、AI活用などに(07/14)

通信ジオ、米クアルコムからも資金調達(07/14)

ITタタ、今年も新卒4万人採用(07/14)

電気バスのPMI、5年後見据え技術開発(07/14)

本年度は4.5%のマイナス成長、商工会調査(07/14)

格付け低下の企業、今月9日時点で3900社超(07/14)

太陽光発電企業の資金調達、上期は76%減(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン