• 印刷する

中台間旅客便を10月再開か、政府検討

台湾政府は、国際観光と入境規制を10月から徐々に緩和する方向で検討を進めている。交通部(交通省)は交通・観光分野の緩和措置に関する草案をまとめ、中台間の航空旅客便を10月1日から再開する方針だ。新型コロナウイルス感染症の感染状況が台湾、中国で一段落している現状を踏まえ、観光や経済の振興に軸足を移す。

16日付経済日報などが伝えた。10月1日からは中台間の航空旅客便や海運の旅客便などを再開する方針。台湾でのトランジットや台湾入境者の公共交通機関の利用、国際クルーズ船の寄港などもそれぞれ再開する考え。

台湾政府は現在、中台間航空旅客路線のうち、北京首都国際空港や上海浦東国際空港、廈門高崎国際空港、成都双流国際空港と台湾を結ぶ路線のみ運航を認め、その他中国の空港とを結ぶ路線は運航を停止する措置を実施している。解禁時期は決めていなかった。

交通部は「防疫旅行」「安心旅行」「インバウンドの誘致」の3段階に分けて、観光業の振興を図る計画。草案によると、「防疫旅行」の導入と一部公共交通機関の規制緩和は5月27日から始め、7月末まで続ける。「安心旅行」と公共交通機関の一層の規制緩和は8月1日~10月末とする。

交通部はいずれの措置も、台湾衛生福利部(衛生省)の中央流行疫情指揮中心の同意を得てから実施する。交通部は今週以降、草案を同中心に提出するという。

■鉄道の飲食可能に

交通部は6月1日から、ソーシャルディスタンス(人と人との距離)を確保した上で、台湾鉄路(台鉄)と台湾高速鉄路(台湾高鉄)での車内の飲食を解禁する方針だ。ただ飲食時以外はマスクの着用を義務付ける。

8月1日からは、弁当の車内販売の再開や、座席間隔を設けていた乗車券の販売方法の取り消しなどを実施する見通し。台湾桃園国際空港の出入り規制も解除する考えだ。

今後は状況を見て、公共交通機関でのマスク着用や体温測定などの義務措置を解除する。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 運輸サービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

TSMC、世界最大規模の電力受給契約(07/10)

パネル大手2社、6月売上高に明暗(07/10)

日月光の6月売上高、5カ月連続プラス(07/10)

PC2社の6月売上高が好調、在宅需要で(07/10)

中華電信、アマゾンとAIベンチャー支援(07/10)

聚鼎、ヘンケルの米金属基板事業を買収(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン