サムスン・現代自連合へ一歩 次世代電池、先行のトヨタ追う

韓国の2大財閥であるサムスングループと現代自動車グループのトップが13日に会い、電気自動車(EV)向け次世代バッテリーといわれる「全固体電池」の開発状況を確認し、協業の方向性について検討に入った。同分野で先行するトヨタ自動車がパナソニックと手を組んだように、韓国…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「アシバ」を「バラシ」…(05/12)

首都圏直下で進むGTX建設 高速鉄道プロジェクト・現場ルポ(05/12)

コロナ新規感染者511人、死者4人増(05/12)

現代自の販売台数、4月は6538台(05/12)

サムスン、DRAMモジュールの限界克服(05/12)

サムスンのスマホ、東南ア市場で首位陥落(05/12)

車販売のEV比率は当面1%未満=現代幹部(05/12)

サムスンMWCに出展せず、オンライン参加(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン