越が飲酒運転規制に悲鳴、コロナが追い打ち

【ハノイ共同=桜井幸彦】アジア有数のビール消費国となったベトナムが今年から飲酒運転の取り締まりを強化し、酒類の消費が減り関連業界が悲鳴を上げている。書き入れ時のはずだった1月の旧正月の販売も低調。新型コロナウイルスに絡んだ経済停滞が追い打ちを掛けている。 ベト…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 食品・飲料社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー人材の来日切望 早期の実現願い、面接続く(07/08)

首相が訪越、空路の早期再開方針で合意(07/08)

HCM市、30年までに公共輸送25%に(07/08)

BIDVと韓国系GS、都市開発で提携(07/08)

ダナン市、高層商業都市複合区を開発へ(07/08)

ホアファット、上期の建設鋼材供給は12%増(07/08)

製造業の新規輸出受注、8割が楽観見通し(07/08)

通信サービス収入、上期は3.5%増の83億ドル(07/08)

韓SK、ビンGにセキュリティー基盤を提供(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン